ふくろうクリニックfacebook

ご挨拶

ごあいさつ

 私たちは、患者さま・ご家族さま、地域の皆さまとの“共創”を通じ、高齢者医療・在宅医療の専門家として、ご高齢者の豊かな人生、安心できる暮らしをお支えします。

1)利用者さま・ご家族さまへ
 私たちは、利用者さまがよりよい毎日を暮らしていただけるよう、お身体の機能低下を予防し、QOL(生活の質)を高める医療を提供するよう努めます。 また、利用者さま、ご家族さまと十分な対話を行い、信頼関係を築き、皆さまの意思決定をサポートすることを大切にします。

2)介護に携わる方へ
 私たちは、ご高齢者の尊厳ある人生を支えるチームとして、皆さまからの情報を尊重し、医療と介護が手を携え、共に学び、共に成長していくことを目指します。

3)地域医療に携わる方へ
 私たちは、老年医学・老年看護の研究、教育、人材育成に積極的に取り組み、地域における高齢者医療の発展、質向上に貢献します。

 

理事長よりごあいさつ

 当院は機能強化型在宅療養支援診療所、緩和ケア充実診療所として、世田谷区玉川地域の地域包括ケアシステムに関わっています。それは在宅訪問診療に限らず、地域での介護予防活動、外来やよろず相談室による早期発見や早期治療、通院困難者への往診、介護施設での治療・ケアや終末期医療など広範囲にわたります。

 この度、ふくろうクリック等々力に併設して、訪問看護ステーションふくろう等々力を開設しました。当院の訪問看護の役割と、近隣の訪問看護ステーションとの連携について、当院が特に力を入れて取り組んでいる「在宅入院」、「アウトリーチ」、「非薬物療法」との関連を中心に考えを説明します。

 まず高齢者では、入院関連機能障害が起こりやすいことが知られています。認知症の方の場合、それまでの生活の場から切り離される入院治療は、認知症の悪化、歩行障害、摂食・栄養障害を引き起こし、入院前より状態が悪化してしまう場合があります。そこで当院では、充実した往診体制や多くの携帯型医療機器を持つことで、肺炎や心不全急性増悪などの急性の疾患にかかっても、ご自宅やご施設にいながらにして、出来るだけ入院と同じ治療を行う方針をとっています。その結果高齢者、特に認知症の方の入院が避けられたケースが増えています。

 また、末期がんで自宅で最期まで治療を受けたいという方も増えています。末期がんの方の在宅療養は日々病状が変わる場合もあり、医師の連日の訪問が必要になる場合もあります。また在宅で次々と新しい医療処置を開始する場合もあります。当院では、内科医、精神科医、緩和ケア認定看護師、薬剤師、臨床心理士、社会福祉士などがチームを組んで、在宅ホスピスケアに取り組んでいます。

 このように今まで入院治療となっていた病状の方を、在宅で治療する新しい取り組みを「在宅入院」と呼んでいます。在宅で治療や緩和ケアを行うためには、同時に在宅で看護が行われる必要があります。急性の疾患や末期がんの看護は、一時的であり、しかも病状が短期間に変化するため、医師との直接の連携が容易な診療所の訪問看護師が看護を提供するのが良いと考えています。

 認知症や精神疾患が疑われる場合、まずは外来を受診していただき、心理検査や画像検を行い診断をつけてから治療を開始するのが一般的です。しかし、そもそも認知症や精神疾患の方は病院に受診したがらないのが特徴です。その結果、診断が遅れ、困った事態になる方はいっぱいおられます。こういったケースは、区役所保健福祉課や地域包括支援センター(あんしんすこやかセンター)から依頼を受け、当院の医師がまず患者さんの元を訪れることで解決する場合があります。初めにきっかけを作り、関係性を築いた上で、治療へと進んでいくという形。これは精神科領域ではよく言われている「アウトリーチ」という考え方です。

 

 初期認知症で通院困難となっている方のお困り事は、必ずしも医師の診療が受けられないことばかりではありません。多くの生活課題が未解決になっていることがあります。その際に、診療所の訪問看護師が生活課題のケアを開始し関係性築けると、地域包括ケアシステムと患者さんをつなぐ調整役になれる場合があります。介護保険サービスが安定するまで、医療保険の訪問看護を診療所の訪問看護師が提供するのが良いと考えています。

 

 病気の治療において、お薬を飲むことよりも、日常の生活を維持することであったり、精神的に快適に過ごせることの方が重要である場合が多くあります。ケアやリハビリによって患者さんの状態が変わることはよくあります。医師としては、薬だけに頼るのではなく、「非薬物療法」の選択肢を持つことが大切と考えています。当院では非薬物療法のミッションとしてカウンセリングルーム(訪問心理療法にも対応)やデイホスピタルなど臨床心理士が中心に提供するケアを用意しています。慢性疾患のケアやリハビリテーションに関しては診療所の訪問看護師の役割は限られており、病状に応じて、地域のさまざまな訪問看護ステーションに所属している看護師、理学療法士、作業療法士、言語聴覚士などと連携することが効果的です。

 

 このように、診療所に併設されている訪問看護ステーションは、地域の訪問看護ステーションとは役割が異なります。当院は引き続き、患者さんや介護者さんの状態に応じて、玉川地域にある既存の訪問看護ステーションと連携しながら、訪問診療や外来を中心に玉川地域の地域包括ケアシステムを支えます。今後も、地域の皆様のご指導・ご支援をよろしくお願い申し上げます。

概要

事業所概要

事業所名 医療法人社団創福会 訪問看護ステーションふくろう等々力
所在地・連絡先 〒158-0082
東京都世田谷区等々力3丁目5-2ヒューリック等々力ビル3階
電話:03-5758-3275 FAX.03-5758-3275
事業所番号 1361290644
管理者 糸川 綾乃

訪問看護の内容

『療養生活や、介護方法についての相談』
『食事、入浴、排泄など日常生活の世話』
『リハビリテーション』
『床ずれなどの手当て、医療機器やカテーテルの管理』
『癌、難病、認知症の方の看護』
『その他』

★たとえば・・・認知症の既往歴のある方
・ご利用者様・ご家族様それぞれからお話を聞き、橋渡し役を担います。
・ご利用者様が過ごしやすく、ご家族様が介護しやすいように療養生活のアドバイスをします。
・お薬の管理方法についてお手伝い致します。
・デイサービスなど、その他の介護サービスが利用できるようお手伝いします。

★たとえば・・・がんの既往歴のある方
・主治医へこまめに状況報告し、苦痛が最小限にすむよう医師に指示を仰ぎます。
・痛み止めや下剤など、お薬の使い方についてアドバイスします。
・安楽に過ごせるよう清潔ケアをお手伝い致します。
・体調に合わせた生活の仕方、食欲のない時の食事の工夫など一緒に考えます。
・身体的なことだけではなく、心の問題についてもご相談に乗ります。

訪問看護の申込方法

居宅介護支援事業者様・医療関係者様へ
まずは、お電話にて空き状況お問い合わせください。申込み書をダウンロードしご記入の上、FAXにてお申込みください。

地域の皆様へ
『介護保険申請済みの方』
⇒担当の居宅介護支援専門員(ケアマネージャー)へご相談ください。
『介護保険未申請の方』
⇒訪問看護ステーションふくろう等々力までお電話にてご相談ください。