専門医療 Medical Equipment

脳機能の評価・診断・治療

脳機能の確認は、院内のMRI検査による診断、神経学的検査
公認心理師による神経心理検査などから多角的に行います。

※当クリニックでは、Siemens社の高性能3.0T(MAGNETOM Lumina)の最新MRIを導入しています。
MRIとは強い磁石と電波を使って体の内部構造を鮮明 に見ることができる検査です。
骨に包まれた脳・脊髄、主要な血管を撮影できます。特に、脳、脊髄、血管、関節、軟部組織の精緻な検査に適しております。

検査の流れ

  1. ご予約

    インターネット・お電話でご予約ください。

  2. 受付

    受付診察用問診票とMRI用問診票をご記入いただきます。

  3. 医師による問診、神経学的検査

    症状、お悩みをお伺いいたします。

  4. 検査

    検査MRI検査を実施いたします。撮影時間は頭部で20分程度となります。

  5. 画像診断

    画像診断技師による画像確認、医師による診断が行われます。
    当日に結果説明を行います。

  6. お会計・次回予約

    お疲れ様でした。

アクティブシニア 脳ドック

\2021年6月より予約を開始します/

こんな方は要チェック!

  • 筋力の低下が気になる
  • 物忘れが気になる

アクティブシニア 脳ドックとは

全身の筋力が低下してくると、私たちの日常生活に様々な影響が出てきます。
認知症や慢性疲労症候群、うつ病などにつながる危険性もあります。
筋力低下によるフレイルと認知症の予防策は同じといっても過言ではありません。

アクティブシニア 脳ドックでは、

患者さんの脳機能を確認するためにMRIを利用した画像診断と心理検査により画像では読み取れない症状などを確認いたします。又、高精度体組成測定を行い、筋肉量と栄養状態を正確に把握し早めに予防策を立てることでお一人お一人の健康長寿をサポートいたします。

ご利用の流れ

  1. ご予約

    インターネットまたはお電話でご予約ください。

  2. 受付

    受付診察用問診票とMRI用問診票をご記入いただきます。

  3. 医師による問診

    症状、お悩みをお伺いいたします。

  4. 心理検査(公認心理師)

    脳機能の確認を行います。

  5. 高精度体組成測定(管理栄養士)

    筋肉量、栄養状態の確認を行います。

  6. MRI検査

    検査MRI検査を実施いたします。撮影時間は頭部で20分~30分程度となります。

  7. お会計・次回ご予約

    検査結果は後日のお知らせになります。
    必ず次回のご予約をお取りください。

料金

お問い合わせください

注意事項

次のような方は検査を受けられないことがあります。必ずスタッフに申し出てください。

  • 心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方
  • 人工内耳、人工中耳の方
  • ステント挿入手術を2週間以内に受けられた方
  • 古い人工心臓弁の手術を受けられている方 ※1
  • 眼に微細な金属片が入っている(または入っていると疑わしい方)
  • チタン製以外の脳動脈瘤クリップが入っている方 ※1
  • 金属の義眼底の方 ※1
  • 骨折によりボルト固定がされたままの方 ※1
  • 躯幹全体に入墨のある方

※1 手術日時が古くカルテも保存されていない場合が多いために患者様ご自身でも材質がわからないケースが多く見受けられます。
当クリニックでは、2000年以前に施行された手術による人工物が体内にある場合には基本的にMRI検査はお勧めしないことにしております。但し、製造メーカー、手術をされた病院などがわかれば問い合わせて材質が確認できる場合もありますのでご相談ください。

コンタクトスポーツ脳ドック

※6月から開始予定

ラグビーなどのコンタクトスポーツをされている方は要チェック!

  • 脳振盪後の競技復帰について悩んでいる方
  • シーズン前のメディカルチェックを受けたい方

コンタクトスポーツ脳ドックとは

スポーツにより繰り返される脳振盪は将来の脳における異常が発見される場合がありますので定期的にMRI検査、医師の診察、公認心理師による認知機能検査を受けることをお勧めいたします。

※脳振盪とは、頭をぶつけたり強い衝撃が加わったりしたあとに、脳の機能が障害された状態です。意識を失うこともありますが、それ以外にも頭痛、吐き気、めまい、ふらつき、ぼやけて見える、集中できない、など様々な身体的・精神的な不調をきたすことがあります。

内容

脳神経内科・脳神経外科の診察を受けた後、公認心理師による心理検査、MRI検査を行います。
患者さんの状況に応じて、リハビリテーションのご案内をさせていただきます。

ご利用の流れ

  1. ご予約

    インターネットまたはお電話でご予約ください。

  2. 受付

    受付診察用問診票とMRI用問診票をご記入いただきます。

  3. 医師による問診

    症状、お悩みをお伺いいたします。

  4. 神経心理検査(公認心理師)

    脳機能の確認を行います。

  5. MRI検査

    検査MRI検査を実施いたします。撮影時間は頭部で20~30分程度となります。

  6. お会計・次回ご予約

    検査結果は後日のお知らせになります。
    必ず次回のご予約をお取りください。

料金

お問合せください

注意事項

次のような方は検査を受けられないことがあります。必ずスタッフに申し出てください。

  • 心臓ペースメーカーを埋め込んでいる方
  • 人工内耳、人工中耳の方
  • ステント挿入手術を2週間以内に受けられた方
  • 古い人工心臓弁の手術を受けられている方 ※2
  • 眼に微細な金属片が入っている(または入っていると疑わしい方)
  • チタン製以外の脳動脈瘤クリップが入っている方 ※2
  • 金属の義眼底の方 ※2
  • 骨折によりボルト固定がされたままの方 ※2
  • 躯幹全体に入墨のある方

※2 手術日時が古くカルテも保存されていない場合が多いために患者様ご自身でも材質がわからないケースが多く見受けられます。
当クリニックでは、2000年以前に施行された手術による人工物が体内にある場合には基本的にMRI検査はお勧めしないことにしております。但し、製造メーカー、手術をされた病院などがわかれば問い合わせて材質が確認できる場合もありますのでご相談ください。