ふくろうクリニックfacebook

お知らせ・ふくろうCサロン(がんサロン)・認知症カフェ

お知らせ

当院は、認知症、がん、神経難病を専門とする診療所です。また在宅療養支援診療所として、訪問診療に関しては、全ての疾患の方をお受けします。

物忘れ・認知症外来、がん・緩和ケア外来、神経難病・脳卒中外来といった専門外来を完全予約制で開設しております。

当院訪問診療中以外の方について、あんしんすこやかセンター、ケアマネージャーからの臨時の往診の相談を受けております。相談員の石井までお気軽にご連絡ください。

神経内科専門医で、パーキンソン病、認知症診療に詳しい橋本昌也医師が、常勤医師(副院長)として2016年11月より加わりました。訪問、外来ともに対応しますので、ぜひご相談ください。

がん診療、緩和ケアに力を入れています。東京大学医科学研究所附属病院緩和医療科と連携し、入院が必要な際には同院への紹介を行います。がん・緩和ケア外来も開設しておりますので、がん治療中の方はぜひご相談ください。

訪問での眼科の診療に対応しております(毎週火曜日、柴田元子医師)。2016年10月より当院訪問診療中以外の方も診療しておりますので、ご相談ください。

当院外来通院中の方で、病状などの条件を満たし、お申込み頂いた方に限り、24時間365日の電話対応と、必要時の臨時の往診の対応を、2016年10月より開始しました。ご相談ください。


◆新着情報◆
玉川地域・等々力に根差した活動をする中で、この度新しく「デイホスピタルふくろう等々力」を開設することになりました。その中の新しい事業として、「デイホスピタル(3時間)」を4月10日(月)より開始いたします。

「デイホスピタル(3時間)」は、昔のことを思い出したり、歌や体操、仲間との交流を通して生活のリズムを整えていきます。人との交流が苦手な方でも、安心してご参加いただけるようスタッフがサポートいたします。


やすらぎサロン

当院の地域貢献活動の一環として、がんの方・難病の方のためのサロンとして、「やすらぎサロン(旧:Cサロン)」を開設いたしました。

「病気について話をしたい」「同じ悩みを抱えている人と話がしたい」
「一人でいると不安になる」
など、様々な思いを抱えて日々過ごされていることと思います。

当事者の方やそのご家族同士が交流し、病気のことを話しながら、ゆったりと過ごして頂きたいとかんがえております。当院の心理士や看護師がお悩みやご相談を承ります。当院にかかりつけでない方でもOKです。どうぞお気軽にお立ち寄りください。

開催日:毎月第4水曜日 10:00~12:00
対 象:がんの方、難病の方、サポーター
場 所:カウンセリングルームふくろう等々力 集会室
参加費:無料
※申し込みは不要です


世田谷区認知症カフェ開設支援補助事業 「一福老・囲碁教室」

当院の認知症カフェを開催いたしました。カフェの名前は「一福老(いっぷくろう)・囲碁教室」に決定!
名前の由来は、当院の名前「ふくろう」とお休み処で「いっぷくし交流していただきたい」「幸福な老後を支援する」想いを込めました。
東京都健康長寿医療センター研究所研究員で医師でもある講師の飯塚あい先生からのご挨拶や参加いただいた地域の方々からの自己紹介の後、ストレッチ体操をして囲碁教室がスタート。
「囲碁は打つと囲む」だけのシンプルで奥深いゲームです。「石は囲むと取れる」「白の碁石は、ハマグリの貝殻でできている」また、「白黒をつける!」という言葉は、囲碁から来ているなど、囲碁の道具やルール説明から囲碁にまつわるお話などを教えていただき楽しいひとときでした。
囲碁の後は皆様でティータイム、教室の感想やご意見、お体のご相談などたくさんお話しできました。

毎月開催しておりますので、ご希望の方は是非ご連絡ください。電話にて事前予約受け付けております。

よろず相談室

当院では、認知症、がん、神経難病、脳卒中後遺症に関する療養・介護の相談や、在宅医療に関する相談を、当院の看護師が承ります。 無料ですので、お気軽にお問い合わせ下さい。事前にお電話でご予約下さい。